FC2ブログ

おおさむ・こさむ・冬劇場♪

特集
02 /25 2018
おおさむ3

2017年も終わる頃から2018年へと年が明け、いろいろな冬景色、歳時など「ぱそぼらんど京都」スタッフ達がカメラのシャッターで収めた写真が届きました。

寒い中でもそれぞれの思いの込もった感動の写真1枚1枚をご紹介します。
どうぞご覧下さい

※各写真をクリックすると、元画像がご覧になれます。※

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
12/21 ~終い弘法~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
終い弘法 終い弘法

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
12/24.25 ~X'mas~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

メリークリスマス! メリークリスマス! エキスポシティ

エキスポシティ.jpg エキスポシティ.jpg



*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2017年 ~年末~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

餅つき準備 大鍋にお湯が沸いた 餅つき準備 杵と臼もスタンバイ

餅つきはじまり~! つきたてのお餅をみんなでいただくよ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2018年  ~お正月~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2018年の初日の出 初詣石清水八幡宮 大福茶

祝い肴三種 白味噌雑煮 賑やかなお正月

岡山のすまし雑煮 年賀状 年賀状

年賀状 新年のごあいさつ

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
1/10 ~えびす~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
十日えびす大祭 巫女さんが舞を舞う 商売の竹竿

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
1/21 ~亀の市~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
松尾大社 亀の市 松尾大社 松尾大社の亀

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
1/21 ~初弘法~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
東寺 初弘法 東寺 初弘法

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2/3 ~節分~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
須賀神社 懸想文売り 節分いわし・柊 恵方巻

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
~花~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
寒椿 盆栽の白梅  せんだんの実
東海道自然歩道 山田界隈 ぼけの花 梅小路公園の梅(例年より遅いかな・・)


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
~冬景色~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
長岡天満宮の池 雪の下鴨神社 御手洗川 輪橋
洛南の雪景色 西京区の雪景色 京都マラソン


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
~冬の旅~
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
兼六園の雪吊り 兼六園
鎌倉の大仏 鎌倉 明月院
みなさんはどんな冬景色を楽しまれましたか?

「おおさむ・こさむ・冬劇場♪」はアルバムでもご覧になれます。↓↓(クリック)
おおさむ・こさむ・冬劇場アルバム



京都のパソコンボランティア「ぱそぼらんど京都」
ボランティアスタッフも募集中です!




スポンサーサイト

パソコン再生! ビフォー(HDD) → アフター(SSD)

パソコン
02 /20 2018
ぱそぼらんど京都には団体所有のパソコンが数台あり、サポート活動などに役立てています。

購入時は最新型ですが、OS(Windows)も7→8.1→10 と新しいバージョンになり、いつのまにか、サポートを申し込まれる方のパソコンのほうが新しいバージョンになっていたり、近頃、なんとなく動作が遅くてストレスを感じるなぁということが多くなってきました。

そこで、2月16日、Windows7のノートパソコンのHDD(ハードディスクドライブ)を取り外し、SSD(エスエスディ)に交換、そこに最新のWindows10をインストールする取組みが行われました。

ぱそぼらの「匠」による「パソコンが生まれ変わる!ビフォーアフター」の様子をご紹介します。


さてさて・・
早速、HDDやSSDなど聞きなれないアルファベットが出てきました

ぱそぼらの「匠」に聞いてみましょう。


Q1) 今回の作業の目的はなんですか?

A1) パソコンの処理速度の改善です。
  処理速度(体感)はいろいろな要素があり最近のPCから見劣りがする
  古いPCの改善する一つの方策です。

  (ふ~~ん、パソコンの動きを早くするための方法の1つなんですね)


Q2) HDDやSSDってどんなものですか?
  なぜ、動作が早くなるのでしょうか?


A2) どちらも、パソコンのデータを保存する部品で、
  パソコンに内蔵されている記憶装置です。
  ここに大切なプログラム、文書、写真などのデータを保存します。
  HDDは磁気のレコード盤に記録していますので、どうしても回転待ちや
  位置決めなどの機械的動作時間に限界があります。
  しかし、SSDはUSBメモリーの大きいものだと思っていただくと
  読み書きに機械的な処理はありませんので格段に速くなり、
  その結果CPUのHDDからのデータの読み書き待ち時間が
  ほぼ無くなりどんどん処理が進みますので、
  システムの起動やソフトの起動・実行速度が速くなります。

  (ふ~~ん、データを記録するしくみがちがうんですね。
   SSDのほうが処理が早いんですね)


Q3) 今回の作業に関して、何か注意すべき点はありますか?

A3)
  ・メーカー保証が無くなりますので自己責任となります。
  ・HDDもSSDも規格品ですので物理的な大きさなどは
   気にしなくてもいいですが、記録容量を確認してください。
  ・HDDをSSDに置き換えるときは、電源ケーブルとバッテリーも
   取り外してください。
  ・静電気に注意して、端子などには触れないでください。
  ・止めネジを失わないように、また、場所を忘れないように
   写真を撮りながら進められることをお勧めします


  (ふ~~ん、パソコンのネジを取り外すのって勇気がいりそう。
   しっかり準備して、写真を撮りながらやってみたらいいんですね。)





ということで、今回は写真を撮りながらの交換作業が進められました。
  (クリックで写真拡大)



up1.jpg

  

up2.jpg

  

up3.jpg

  

up4.jpg

  

up5.jpg

  

up6.jpg

  

up7.jpg

  

up8.jpg



パソコンは様々な部品がありますが、今回、Windows10を動かすために必要な他の部品の条件なども事前に確認し、作業が進められました。

記事では、250GBのSSDに置き換えたところのみをご紹介していますが、
その後の手順としては、
 1. 新しいSSDにWindows10をインストール
 2. ネットワークの設定
 3. 必要なアプリケーションソフトウェアのインストール
    (セキュリティソフト、Officeソフト、年賀状ソフトなど)
 4. メールアカウントの設定
このような順序で作業は進められました。

外見は変わりませんが、ぱそぼらの「匠」によって、中味は生まれ変わったノートパソコン

「動きが遅いよぉ」の問題も解決してくれたようです。

スタッフのサポート活動もますます充実していくことでしょう


なお、近々、別のもう1台のノートパソコンもSSDに交換予定です。
その様子も含めて、ぱそぼらんど京都のホームページでも
詳細な記事を掲載予定ですので、そちらもどうぞお楽しみに



by スタッフM


パソコンサポート、頑張ってます!
ぱそぼらんど京都のホームページへ


続きを読む

パソコンの画面をテレビに映してみよう

パソコン
02 /13 2018
パソコンで動画などを見ているとき、こんなことはありませんか?

 もうちょっと大きな画面で見たいなぁ・・
 パソコンのスピーカー、音質が悪いなぁ・・

そんなときは、パソコンとテレビをつないでみましょう。
ノートパソコンなら持ち運べるので、意外と簡単にできるんです。


準備1:用意するのは「HDMIケーブル」

長さは色々ありますが、テレビの近くにノートパソコンを置くと考えて適当な長さのものを準備するといいでしょう。(私は3mを愛用)

cbl1.jpg ( クリックで拡大)

↓↓端子を拡大すると台形のような形。(ケーブルの両端とも同じ形)
hdml3.jpg


準備2:テレビの裏側をチェック。(横の場合もあります)


↓↓同じように台形のような形をしたところ。「HDMI」と書いてあります。
  (この場合は「入力2」対応)
hdml1.jpg


↓↓そこに先ほどのHDMIケーブルの片方を接続。
  (ここでは白いHDMIケーブル使用)
hdml2.jpg


準備3: もう一方のパソコン側


↓↓本体の側面をチェックすると、やはり台形の形をしたところが。
  (小さな文字でHDMIと書いてある)
hdml4.jpg


ケーブルのもう片方をここに接続。
↓↓白いほうがHDMIケーブル。(手前はマウスのUSBケーブル)
hdml5.jpg

準備が出来たら・・・

ケーブルがちゃんとセットきたことを確認し、
テレビとパソコンの電源をON。

↓↓ まずはテレビのリモコンの入力モードを切り替え。
  (この場合は「入力2」となるのでそれを選択)
hdml6.jpg

続いて、パソコンの画面がテレビに映るように設定を。

↓↓ 「Windowsキー」を押しながら「P」を押し、
 右側に切り替え設定画面が出たら、「複製」を選択。
gamen3.jpg (クリックで画面拡大)
注:画像はWindows10の場合。Windows8.1も同様の操作です。
 Windows7の場合は、「Windowsキー」+「P」キーで画面中央にプロジェクタの選択画面が出たら、「複製」を選択。


これで、パソコンの画面がテレビに映ります!
パソコンで何か画面を起動して、確かめてみましょう!


これに慣れたら、もう一つおススメ!

パソコンとテレビ、2画面表示に挑戦。


↓↓ 「Windowsキー」を押しながら「P」を押し、
 右側に切り替え設定画面が出たら、今度は「拡張」を選択。
gamen2.jpg (クリックで画面拡大)
注:画像はWindows10の場合。Windows8.1も同様の操作です。
 Windows7の場合は、「Windowsキー」+「P」キーで画面中央にプロジェクタの選択画面が出たら、「拡張」を選択。


ここからはちょっと難しいですが・・・。

まず、パソコンで画面を起動(たとえば、ブラウザで動画サイトなど)。
この時、画面は「最大化」ではなく、少し小さめにしておきます。
次に、その画面のタイトルバー内にマウスポインタを置いて、右側にぐい~~っと思い切りドラッグで移動します。
パソコンの画面からはみ出す気持ちで思い切って、動かします。

すると・・・。
その画面がテレビに映るはず!

あとは、テレビ画面内で「最大化」すればOK。
テレビの中でマウス操作ができます。(テレビ画面は常に右側になることを意識して)

↓↓すると、こんな感じになります。
 写真上はテレビ画面でインターネットを、
 下はパソコン画面でWordを表示。(白いのはHDMIケーブル)
hdml7.jpg

2画面なら、テレビに映った動画などを見ながら、パソコンのほうでメールチェックやWordなども出来ますね!(便利!)

大画面で操作したいときに試してみてください。

また、最近は、テレビ番組も「見逃し配信」が増えてきて、録画しなくても1週間以内であれば後からでも見られるようになってきました。
(番組により、見逃し配信が無いものもあります)

You Tubeや、GAOなどの無料の動作配信サービスもなかなか楽しいです。
有料なら、dTV、Hulu、U-NEXT、Amazonプライムビデオ、Netflix、TSUTAYA TV などもあります。
NHKなどのテレビ局のオンデマンドサービスも有料ですが、古い番組もまた見ることができます。

テレビで見ることもメリット、もうひとつは「パソコンより良い音質で聴ける」ということ。
お気に入りのCDなどの音楽だけを楽しむこともアリかもしれません。

まだまだ寒い毎日、パソコンも楽しんでみてください。


by スタッフM

パソコンに関するご相談は「ぱそぼらんど京都」へどうぞ。
umebanner.gif


文章の行間を広くしたり狭くしたりする方法

パソコン
02 /05 2018
表題文字

Wordで案内チラシなどを作成する時、行間が広くて体裁が悪く、行間を狭くしたいことがよくありますね。
(例えば下図チラシの一部赤枠の部分

チラシの一部で6行の説明文がテキストボックスで作られています。行間をもっと詰めれば、全体の体裁がよくなりそうですね。

チラシの一部2a

1.行間を調整したい行(今の場合は6行とも)を選択して、画面上部の「ホーム」タブをクリックします。
2.「段落」グループ右下にある小さいマークをクリックします。

Word画面の1部2a

3.表示される「段落」ウィンドウの「インデントと行間隔」タブの表示の中段、「間隔」の項の最後の行の
  「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」の前にあるチェック(レ点)をはずします。

Word画面の1部a3

チラシの一部3a

4.これで行間は程よく詰まり、体裁よくなった感じがします。通常の場合はこれで十分だと思いますが、
  さらに行間を細かく調整したい場合は下記のようにします。

5.同じ「段落」ウィンドウの「間隔」の下の右側、行間の窓枠右の下向き矢印をクリックし、窓枠に「固定値」
  を選択、右横の間隔窓枠に「17pt」と入れてOKします。

チラシの一部2a3

チラシの一部4a

6.さらに行間は狭くなりました。文字のサイズが16ptなので、1pt大き目の設定がよいところです。
  この「間隔」のpt数は大きくすれば間隔が広がり、小さくすれば間隔が狭くなり、文字サイズよりも
  小さくすると、行同士が重なってしまうので注意が必要です。

パソコンの色々なことをお知りになりたい方は
pvinfo1.png

by ぱそぼらスタッフK