FC2ブログ

スマホの画面がなんか変!?

スマホ・タブレット
07 /26 2018
スマホの画面がなんか変!?

最近の幼児は見よう見まねでスマホをさわりますね。
気がついたら写真を開いて見ていたり……

孫が帰った後、「あれ!画面が何か変わってる」という経験はありませんか?
私の体験を二つ紹介してみます。

☆入力画面のサイズ?

nyuryokua.png
入力部分の画面(黄色の四角部分)がふだんより大きくなったり、小さくなったりしています。

では、元のサイズに戻してみましょう!

nyuryokub.png
黄色い四角の右端部分をタッチすると、下の画像のようになります。

nyuryokuc.png
右角の部分(斜線二本の辺り)に指を置き上下に動かすとサイズをかえることができます。
分かってみれば、簡単なことですね。


☆もう一つは?

home1.png
ホーム画面に表示しているお気に入りの一枚の写真(黄色の四角部分)

お気に入りの写真を設定しておいたのに、いつのまにか変わってる!?
写真ではなくフォルダがお気に入りに設定されていました。
定期的に表示写真が変わるので、これもまた楽しいかもです。

時間があるときに、色々さわってみるとスマホがもっと身近な物に感じられそうですね。

by ぱそぼらスタッフN

パソコン、スマホ基本操作をサポートしています。
pvinfo1.png

スポンサーサイト

情報を簡単に読み込める!QRコード

スマホ・タブレット
06 /10 2018
QRコード、よく見かけるこんな四角いモノです。
QRコードの例
このモザイクのようなところに、いろいろな情報が登録されています。
上記のコードの内容は「http://www.pv-land.net/」。
ぱそぼらんど京都のホームページのURLです。


ご覧になっているこのブログの右側の下の方にもQRコードが載っています。

ホームページに掲載されているQRコードは画像なので、保存して、それをメールに添付して送ることもできます。
一見、何が書いてあるかわからないのですが、実は、意外に多くの情報を含めることができるのです。

●「QRコード」とは?

QRコード(Quick Responseコード)は、1994年 株式会社デンソーウェーブに開発された高速読み取りを重視したマトリクス型2次元コードで、最小の単位(白黒の正方形=「セル」)の組み合わせで構成されています。
数字・アルファベットに加え、「漢字・カナ・ひらがな・記号」なども登録することが出来ます。
(数字であれば7,000文字程度、漢字・かなであれば1,800文字程度まで)
現在ではスマートフォンの普及などにより日本に限らず世界的に普及しており、QRコードで買い物の支払いができる国もあります。


●QRコードの読み取り(スマートフォン、タブレットの場合)

◇1◇専用アプリを起動、カメラ機能でコードを撮影し、内容を読み取る
 専用アプリの例:(iOS,Android両方で利用可)
QRコードリーダー「公式QRコードリーダー”Q”デンソーウェーブの無料QRアプリ」
QRコードリーダー「QRコードリーダーEQS」

QRcode4.gif
(デンソーのアプリの画面。カメラをかざすとアッという間にコードを読み取り内容を表示。)

◇2◇LINE、Twitter、YahooアプリなどのQRコードリーダーを利用

◇3◇カメラ機能にQRコードを読み込む機能があればそれを利用


●QRコードの読み取り(パソコンの場合)

QRコードの画像が保存されている場合は、読み取りサイトで確認できます。
(例)http://qrcode.red/
(印刷物の場合、パソコンに内蔵されたカメラがあればQRコードを撮影し、保存後、上記サイトで確認)


●こんなところにもQRコード

身近なQRコードをいくつかご紹介します。
QRコード例
(左上)フルーツのシール(生産者情報や食べごろ、おいしい食べ方を紹介)
(左下)ドラッグストアのDM(お買い得品一覧ページを掲載)
(中央)宅配便の伝票(配達状況を確認)
(左側)チケット予約サイト(予約したい講演の情報をコードで案内)


QRコード例
(左側)京都駅前のSLのオブジェ(梅小路公園・鉄道博物館(NAVI)へ
(中央)京都駅前のペンギンのオブジェ(京都市水族館(NAVI)へ
(右側)奈良の観光名所(仏像や建物の解説動画を案内)(壷阪寺

QRコードにはたくさんの情報が書き込めるので、利用する側は、複雑なURLや長い名称を自分で入力する必要がないのが助かりますし、特定のページに直接、素早くアクセスできるのも便利です。

一方、情報を提供したい側は、宣伝チラシの印刷の手間や費用を抑え、コードから案内できるホームページを常に最新にしておくだけで、タイムリーな情報を相手に提供することができます。

QRコードの読み込みについてサポートしているときに、「このコードを保存するにはどうしたらいいですか?」という質問をよく受けます。

QRコード自体は画像ですので、保存はできますが、それよりも、そこに含まれている情報そのものが実際に必要なものです。
たとえば、ホームページやメールのアドレス、電話番号、住所、名称など。
それらを保存する方をおすすめしています。

最後に・・・
「QRコードを作りたい」場合。

上記のアプリにはコード作成機能も持っているものもあります。
ぜひ利用してしましょう。
もしくは、作成サイトを利用すると手早く作ることができです。
(例)https://qr.quel.jp/try.php
作成したコードは画像ですので、保存しておけば何度でも利用できます。
最近は、文字だけではなく、ワンポイントイラストなども入れて作ることもできます。

自分の氏名、連絡先などでオリジナルのコードを作り、名刺に印刷するのもおもしろいですね。
カタログや案内状に連絡先情報やイベント情報をコードで載せれば、スマホやタブレットでもすぐに活用できます。

おまけ・・↓↓ さて、ここにはなんと書いてあるでしょうか?
オリジナルQRコード
QRコードのしくみそのものに興味がある方は、解説サイトもたくさんあるので研究してみてください。
コードの成り立ちや解読を試みてみるのも楽しいかもしれません。

QRコードがより身近に感じられれば幸いです。


by ぱそぼらスタッフM

パソコンに関するご相談はぱそぼらんど京都へ
pvinfo1.png

Google Mapアプリの使い方

スマホ・タブレット
05 /11 2018
Google Mapアプリは、地図上のナビだけではなく、電車やバスなどを利用した経路が調べられる「乗換案内」の機能が備わっている便利なアプリです

6月に入ったら三室戸寺へ公共交通機関を使ってあじさいを見に行こうと思っています
そこでGoogle Map・・・簡単な使い方を紹介します

出発地は現在地なので位置情報はON
(現在地でない場合は入力する)


スマホのGoogle Mapアプリをタップします

マップ1


次に移動手段をタップする
マップ2


次に時間と日にちの設定(公共交通機関のみ)
マップ3

次の画面がでる
マップ4



複数ルート候補が表示される
マップ5



ルート候補1をタップすると乗車時間、乗換など詳細が表示
マップ8
(出発駅をタップすると時刻表も出てきます)


「乗換案内」が地図上にナビとして表示される
マップ7

地図を拡大すると詳しく道順や電車の駅などが表示されます

道順、乗換など1画面で教えてくれるGoogle Mapアプリ、他にも便利な機能がありますが今回紹介した初歩は是非試してください


地図を片手で拡大・縮小する方法があります
指1本で拡大、縮小する方法

by ぱそぼらスタッフH

パソコン、スマホ基本操作をサポートしています。
pvinfo1.png

外国語話せなくても大丈夫?!

スマホ・タブレット
04 /09 2018
外国語話せなくても大丈夫?!

最近のIT技術の進歩は、目を見張るものがありますね。
子供の頃に英語が苦手で、「話せなくても翻訳してくれる持ち運びのできる機械があればなぁ~、
英語勉強しなくていいのになぁ~」
なんて思ったことありませんでしたか?

鉄腕アトムのロボットも夢物語だって思ってましたけど。
今は二本足歩行のできるロボットも存在するし、日々学習するロボットも
どこまで進んでいくのか.........


今日は、翻訳機の情報を少々書いてみたいと思います。

honyakuki.jpg

小型で持ち運びができる翻訳機
・1か国語だけ~50か国語を翻訳してくれる
・wi-fi接続してなくても使える
・値段は少々高い目です

でも、翻訳アプリを使えば無料のものもあります。

honyakuapuri.jpg

街の中で突然外国の方に話しかけられてもこれを使えば大丈夫。
2020年にはオリンピックもあり、これから益々観光客が増えることが予想されます。
皆さんもこんなツールを使って、民間観光大使になってみてはいかがでしょうか。

by ぱそぼらスタッフN

パソコンのことを知りたい方は「ぱそぼらんど京都」へ
ぱそぼらんど京都のホームページへ

どんなスマホアプリを楽しんでますか?

スマホ・タブレット
03 /12 2018
どんなスマホアプリを楽しんでますか?

数年前に思い切ってスマホを持つことにしました。
当時はそんなに期待していた訳ではなかったのですが、今ではなくてはならないツールになってきました。
何と言っても「豊富なフリーアプリ」が魅力ですね。

私が重宝しているアプリをいくつか紹介します。

「歩くまち京都アプリ」
歩くまち京都アプリ
出発地、目的地、日付を入れると、京都市内のバス&鉄道を簡単に調べられます。


「脳トレアプリ」
漢字詰めクロス
ちょっとした暇な時に、穴埋め漢字を考え頭の体操をしています。


「Shazam」
shazam

この曲聞いたことあるけど、曲名が思い出せない"(-""-)"
そんな時には、このアプリで調べています。


「チューナー&メトロノーム」
サウンドコルセット
趣味の楽器の練習時に使います。買うと結構かかりますが、無料でかさばらず本当に助かります。


「健康長寿のまち 京都いきいきアプリ」
京都いきいきアプリ
これはまだ使っていませんが、最近よく耳にします。
いろんな機能をもっているみたいで、親子でも楽しめるみたいです。

それぞれの生活にあったアプリを見つけて、ぜひ使ってみてください。
アプリをインストールする際には、セキュリティにも十分気をつけてくださいね。

by ぱそぼらスタッフN

パソコンの使い方などを知りたい方はぱそぼらんど京都へ。
ぱそぼらんど京都のホームページへ