FC2ブログ

哲学の道のあじさい

季節・歳時記
06 /19 2019
哲学の道はご存知の方は多いと思いますが、北端は銀閣寺道から、南端は若王子神社まで、約2㎞ほどの疎水に沿う散歩道で、哲学者の西田幾多郎がこよなく愛したと言われています。
哲学の道というと、何といっても桜の並木は素晴らしく海外にも有名ですが、この梅雨の季節にはあじさいがあちこちに咲き誇り、品種も多く色鮮やかで楽しませてくれます。観光客もそれほど多くなく穴場です。見ごろは6月中旬から7月上旬と言われています。まだご存じでない方は是非一度散策されるとよいと思います。

哲学の道のマップを中心に、紫陽花の咲く場所をイラストで示しながら、周辺の施設を紹介します。

IMG_6569a.jpg IMG_6570a.jpg
これは北端から哲学の道に入ったところの石碑と説明板です。

下図は哲学の道のマップです。

哲学の道説明マップ1

はじめに出会うあじさいは下の写真Aエリアです。薄いピンク色です。
IMG_6565a.jpg IMG_6562a.jpg

しばらく行くと今度は白色が見られます。
IMG_6558a.jpg IMG_6557a.jpg

さらに行くと、まだ咲き初めのものがありました。
IMG_6553a.jpg

これは額あじさいです。まだこれもこれからです。
IMG_6552a.jpg

忘我亭近くBエリアに来ると美しい姿がたくさん見られます。
IMG_6551a.jpg IMG_6549a.jpg
IMG_6544a.jpg IMG_6543a.jpg
IMG_6542a.jpg IMG_6540a.jpg
IMG_6541a.jpg

このあたりにも咲き初めのものがありました。
IMG_6538a.jpg


IMG_6535a.jpg IMG_6533a.jpg

五建茶房近くCエリアに行くとこんな感じです。
IMG_6522a.jpg IMG_6519a.jpg

民家の前でも美しく咲かせていました。
IMG_6514a.jpg

哲学カフェ近くDエリアはこんな感じでした。
IMG_6513a.jpg IMG_6517a.jpg

小径カフェ近くEエリアの様子です。
IMG_6507a.jpg IMG_6505a.jpg
IMG_6504a.jpg IMG_6502a.jpg


by:ぱそぼらスタッフK


デジカメやスマホで撮った写真を整理したい方は、「ぱそぼらんど京都へ」
pvinfo1.png

スポンサーサイト

いずれがアヤメかカキツバタ♫花ショウブ

季節・歳時記
05 /12 2019
見上げると青空の中に日増し濃さを増す緑 木々の花たちも咲き誇っていますネ
一方目線を足元 目先に戻すと「アヤメに カキツバタ 花菖蒲・・」
さてさて??「どれが?アヤメか?カキツバタ?・・花菖蒲?」
ayamekakitubata hanasyoubu002
咲くのは丁度今 大まかに分けて皐月の上旬中旬にアヤメ カキツバタ 
下旬から六月頃に花菖蒲 
       花弁の基に網目模様があるのがアヤメ 
       花弁中央にハッキリとした黄色部分があるのが花菖蒲
       花弁中央に黄白色の部分あるのがカキツバタ
ところが三種とも品種改良で色々な色模様があるんだから?ややこしい?
 咲き始めの時期と、アヤメは主に草原に 花菖蒲は水辺
カキツバタは湿原/水の中に咲くようで 見分けるには
この辺りなんでしょうかネ??
 梅雨を迎える頃 紫陽花にバトンタッチするまで この三人衆もまた私達を
楽しませてくれますね このイイ季節 花たちに楽しませてもらいましょう 
愛でましょう 目で、そして画像に残してみましょ♪

by ぱそぼらスタッフ hk

パソコン、スマホ基本操作をサポートしています。
pvinfo1.png

『ヒートショック』にご注意を!

季節・歳時記
11 /30 2018
ヒートショック気温と体温差による・体が受けるショック状態のことです。驚くなかれ入浴中に急死する人の数は交通事故による死亡者数を上回っているんですって、年間の平均気温と入浴中死亡者数の推移、冬期に増加することを確認下さい

ヒートショック01001

暖かい部屋」から「寒い脱衣室」そして「熱いお湯の浴槽」の中に
ヒートショックの危険が待ち受けています

ヒートショック02001

空調していない夏と冬の「脱衣室・浴室の室温」と「浴槽の湯温」の
温度差に注目しましょう
ヒートショック01bbb

さらに入浴時の浴槽内、湯温と血圧の関係は以下のグラフの変化です、
熱いお湯を好む人・血圧の激変に注意下さい!!
ヒートショック03001

以上の様に 年間通した気温変化のうち特に寒さの増す冬期、そしてその冬期の部屋ごとの室温の違いによる、血圧の上昇/低下、浴槽のお湯の温度による
血圧の変化など・・何点かの注意箇所がありますね、十分留意され
今年は暖冬!」に油断されることなく、無事過ごしましょう(^∀^)ノ


by ぱそぼらスタッフ hk

パソコン、スマホ基本操作をサポートしています。
pvinfo1.png