FC2ブログ

スマホで撮った写真をパソコンに・・・

パソコン
11 /12 2018
最近サポートでよく聞かれるのがスマホで撮った写真をパソコンに保存する方法です

簡単にパソコンで見られ、保存もできます

しくみは・・・Googleフォトを使います

スマホ上では
Googleアカウントを取得します
(androidのスマホは既に取得してます)

スマホで撮った写真はすべてクラウド上に保管されます
そのクラウド上がGoogleフォトです

スマホにGoogleフォトのアプリを入れます
フォト1

アプリを開いてメニューの設定から「バックアップと同期」をONにします

パソコン上では
Googleホームページからスマホと同じアカウントでログインし、グーグルアプリからフォトを選びます

フォト1-2




スマホの写真画面

フォト1-3

パソコン上のGoogleフォト画面
フォト1-4


スマホもパソコンも同じ写真が並んでいます
パソコンでは写真をより大きく見られます


次に写真をパソコンに保存する方法
フォト1-5

1、 保存したい写真にチェック(クリック)を入れる
2、 右上の「その他のオプション」をクリック
3、 「ダウンロード」を選ぶ
4、 保存画面が出るので名前を付けて保存したい場所に保存する

複数選ぶこともできます
日付をクリックするとその日全部選択されフォルダで保存します
その場合は圧縮フォルダになります

Googleフォト一度試してください


by ぱそぼらスタッフH

パソコン、スマホ基本操作をサポートしています。
pvinfo1.png

スポンサーサイト

3Dプリンタ

パソコン
09 /13 2018
3Dプリンタ

3Dプリンタ」って、一度は聞かれたことがあるんじゃないでしょうか。
でも、実際の生活にはあまり関係ないのではと思っていませんか。
結構いろんなところで活用されているんですよ。

satougasi.jpg
3Dプリンターで様々な色や形の砂糖菓子を作れます。
実際にコーヒーなどに入れて口にすることができます。

pasuta.jpg
スペインのベンチャー企業は、ピザやパスタ、ハンバーガーなどの食品を3Dプリンターで作っています。
様々なレシピも提供されています。

kuruma.jpg
2019年には3Dプリンタで作った電気自動車も発売される予定です。

他に宇宙食、建築資材、人工骨(保険が適用される場合も)、筋電義手なども作られています。
将来的には、人工心臓も作られる可能性もあるそうです。

実際の手術の前にドクターが練習する際に「3Dプリンターで作った臓器モデル」が利用されることもあります。

レンタル3Dプリンタを利用すれば、個人的に小物を作ることもできます。
その場合は、お値段も重要になってきますね。
気になる方は、以下のURLで調べてみてください。
https://mtrl.com/kyoto/make/

by ぱそぼらスタッフN

パソコン、スマホ基本操作をサポートしています。
pvinfo1.png

図形の使い方

パソコン
08 /01 2018
地図で道路を書く時など、枠の中に図形を入れる場合、枠にかかる縁の処理に
困ったことはありませんか。こんな時、「平行四辺形」や「斜め縞」などを使う
と、縁の処理がうまくできます。

上辺と下辺にわたる道路()は図形の「平行四辺形」を使い、
道幅は黄色の菱形のハンドル()で調整します。
傾斜角度は角にある丸形ハンドルで調整します。位置の微調整は図形を
選択した状態で、矢印キーを使います。

道路1a

傾斜が逆の場合は、書式タブから「回転」ツール()をクリック、表示される
メニュー()から、「上下反転」()をクリックして行います。

回転a

回転2a

左辺と右辺にわたる道路()は前述の図形を左に90°回転したものになるので、
図形を右クリックして選択した状態で、書式タブから「回転」ツール()を
クリック、表示されるメニュー()から「左へ90°回転」(⑥)をクリックして
行います。


道路4a


また上辺と左辺にわたる道路()は「斜め縞」を使います。道幅は同様に黄色の
菱形ハンドル()で調整します。傾斜角度も同様に角の丸形
ハンドルで調整します。

道路2a

傾斜が左辺と下辺にわたる道路()は「斜め縞」の図形を選択した状態で、
書式タブから「回転」ツール()をクリック、表示されるメニュー(④)から、
「上下反転」()をクリックして行います。

道路5a

下辺と右辺にわたる道路()はさらに「左右反転」()、上辺と右辺の場合はさらに
「上下反転」()します。

道路6a

下辺から図中の道路へ直角にわたる場合()は平行四辺形と四角を組み合わせて
繋げばできます。

道路3a

また枠の角部や辺に円弧の帯を作りたい場合は、図形の「アーチ」を使い、開き角度、帯幅は
それぞれ黄色の菱形ハンドル(外側、内側)を使って調整します。

道路7a

パソコンの色々なことをお知りになりたい方は
pvinfo1.png


by ぱそぼらスタッフK

絶対に覚えておきたい定番ショートカット

パソコン
06 /06 2018

キーボードのくみあわせによってさまざまな操作ができるショートカットを覚えれば、メールや資料作成のときの入力がもっと効率化できます。また文字入力を効率よく行うために覚えておきたいショートカットもいくつかあります。ここでは定番のショートカットを紹介しますので、実際に手を動かして便利さを実感してみてください

●入力時に使えるショートカット       

表


Ctrl+A  テキストすべてを選択する

すべて選択
キ1


Ctrl+C 選択した項目をコピーする

コピー
キ2



Ctrl+V 選択した項目を貼り付けるキ3

貼付け
キ4


Ctrlキーは左手小指を使うと便利です


手

使い慣れると操作が楽々、是非試してください

by ぱそぼらスタッフY

パソコンの基本操作をサポートしています。
pvinfo1.png
     

Excelを使って遊ぼう

パソコン
04 /30 2018
表題1

ボタンを押すごとに1~10の数字を1つずつ増やしたい。
そして別のボタンで0に戻したい。こんなことを考えた
ことはありませんか。それをExcelで作りましょう。

Excelを立ち上げます。

セルD3~F14に縦横罫線を引きます。
セルE3に「1」を入れます。
セルD14に「合計」と入れます。
数を数える図1a

セルE4に=D3と入れ、セルE4の右下の+ハンドルでセルE13まで
ドラッグコピーします。セルE14に=SUM(D3:D13)と入れます。

セルA5~B5の中間に図形の円を挿入し、赤色で塗りつぶします。
セルB5~C5の中間に図形の円を挿入し、青色で塗りつぶします。

セルB10~B13をセル結合します。セルB10を黄色で塗りつぶします。
セルB10に=E14と入れます。
セルB10の文字を緑色にします。セルB10の外枠線を茶色にします。
数を数える図1
赤色ボタンの上で右クリックして表示されるダイアログ
でマクロの登録をクリック、

数を数える図5

表示されるダイアログでマクロ名を「スタート」としてOKします。
これは赤色ボタンをスタートに設定するための操作です。
数を数える図10
開発タブから「マクロの記録」をクリックします。
もし、開発タブが表示されていない場合は後述の「補足事項」
をご覧ください。
数を数える図11
表示されるダイアログでマクロ名を「スタート」⑬ と
入れOKします。これは前述の赤色ボタンを押したときに行う複数の操作を
開始するための操作です。

数を数える図13
セルE3~E13をドラッグコピー(操作1)して、セルD3~D13を選択(操作2)、
その上で右クリック(操作3)して表示されるダイアログ⑬´で形式を選択(操作4)
して貼り付け⑬´´をクリック(操作5)して

数を数える図18

表示されるダイアログで「値」をクリック(操作6)します。
数を数える図14
マクロは上記の6つの操作を自動化するためのものです。

開発タブから「記録終了」をクリックします。
数を数える図15
同様に青ボタンの上で右クリック、表示されるダイアログで
マクロ名を「リセット」としてOKします。

セルF3~F13をドラッグコピーして、セルD3~D13に形式を
選択して貼り付けで「値」をクリックします。

開発タブから「記録終了」をクリックします。
これで終了、完成です。


それでは使い方を説明します。

赤のスタートボタンにカーソルを近づけると指のマークが
表示され、1回押します。
緑の0の数が1に増加します。

数を数える図7
スタートボタンをもう1回押します。
緑の1の数が2に増加します。

同様にスタートボタンを押すごとに数が増えて
10まで行きます。

青のリセットボタンを押します。緑の数が0に
戻ります。


【補足事項】
『開発タブの表示の仕方』
ファイルタブをクリックして表示されるダイアログから、
「ヘルプ」の下の「オプション」をクリックして
開発タブ2
表示されるダイアログで、リボンのユーザー設定を選択して、

開発タブ4
右の表にある項目の「開発」の前のチェックボックスに
チェック(レ点)を入れてOKしてください。

開発タブ6


『機能の説明』
今回のボタンを押すごとに、数の増える機能について説明します。
通常の関数を使ったり、簡単な操作ではこの機能を実現することは
難しく、複数の順序だった操作(前述の操作1~6)を繋げる必要が
あります。この操作自動化するためにマクロという便利な道具が
使われるのです。
『この機能の活用』
ボタンを押すごとに数字が変わることを利用して、例えば、日めくり
カレンダーの日をめくったり、複数の画像を切り換えたりする操作の
構造が作り出せるのです。
『マクロのセキュリティ』
この機能の構造にはマクロが使われており、便利なのですがいつもと
違うところがあって注意が必要なのです。もう少し詳しい説明をこの
ブログの紹介のメールに載せますので、見ていただくようよろしく
お願いします。

パソコンの色々なことをお知りになりたい方は
pvinfo1.png


by ぱそぼらスタッフK